金星のことと天体望遠鏡について学業をした

星のことなどについて授業しました。金星が一際明るくなるところの1週間ぐらいは、昼の晴天の中につくねんと光っているのが見える金星の見つけ方は、良いの明星か明けの明星かを確認します。良しの明星は日没後半南西の空、明けの明星は日の出前南東の空で、高度20°〜30°近所をさがします。次は、天体望遠鏡(赤道イベント)についてだ。屈折望遠鏡は、ケプラー部門で像の変動は逆に見える。リフレクション望遠鏡は、ニュートンが考案しました。天体望遠鏡の用法は、最初におもりの位置で割合をとります。赤道儀の極軸を北極星のコースに併せます。特に極めて軸を北に対し、極めて軸の傾きをその地の緯度の傾きにあわせます。低オッズの接眼レンズをつけます。ファインダーをのぞいて、目的の天体がファインダーの十字線の交点に生じるように調節します(周辺の嬉しい星からおよそのあてを塗りつける)。標的によってオッズを変えます。望遠鏡についてさらに勉強したいなと思いました。キレイモ 33箇所