桜木さんのバウホール主演『パーシャルタイムトラベル 時空の果てに』

2017年に宝塚歌劇団宙組で上演された『パーシャルタイムトラベル 時空の果てに』。宝塚バウホールで上演されました。桜木みなとさんが主演で、2度目のバウホール公演の主演でした。ヒロインには星風まどかさんが選ばれました。桜木さんと星風さんは2015年『相続人の肖像』でもコンビを組んでおり、2度目の挑戦となりました。
シンガーソングライターを目指すジャンが、少女に導かれた古物商で金塊を購入したことから中世ヨーロッパへタイムスリップする中で、恋をし生きるために必要なことを見出す姿が描かれています。正塚晴彦さんが作・演出を担当しました。
ジャンを桜木さんが演じました。桜木さん以外には現代での役と中世での役どころがあり、テス/侍女テスを星風さんが演じました。現代のテスは中世の侍女テスの子孫であるという設定になっていました。
テスが仕える侯爵令嬢シャーロットを遥羽ららさんが演じ、シャーロットの恋人ピエールを同期の瑠風輝さんが演じました。